生きくらげの食べ方

生きくらげってどうやって食べるの?

というご質問を頂く事が、実は多いんです。

どうやって食べるかっていうのは

「炒め物」「天ぷら」「フライ」

「鍋」「煮物」「サラダ」「お刺身」「春巻」等々ですね

味や香りにクセが少なくて食感があるので、色んな料理に使えるんです!

きくらげに含まれるビタミンDは脂溶性ですから、油とは相性が良いんですね

だから炒め物や天ぷら、フライは理にかなってると思います。

βグルカンは、お腹すいてるときに吸収力が上がるので

おつまみなんかで最初に食べるといいんじゃないかと思います。

中国ではきくらげ料理が3000種類くらいあるらしいです

さすが医食同源の国ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

粉末きくらげ

次の記事

マイナスイオン